プエラリアを使いこなそう!

プエラリアミリフィカに副作用はない?

体内に入ると女性ホルモンに準じる働きを見せるイソフラボン、ミロエステロールなどを豊富に含有するプエラリアミリフィカといえば、優れた美容効果で注目の存在として知られています。
「バストアップが叶った!」「飲むだけで女性らしい体型になれた!」「美肌効果が物凄くって!」といった喜びの声が数え切れず、今この瞬間も新たな愛用者を生み出し続けています。

一方で確実に実感出来る優れた効果とその速攻性が数え切れない程謳われる中、中には「希望実現」を焦るあまり、誤った摂取を続けてしまう人が少なくないのも危惧すべき現状です。
「沢山摂取すればそれだけ早く大きな効果が得られるのでは?」という単純な素人判断から過剰摂取に至ってしまい、結果深刻な副作用ばかりを背負ってしまう人も多々見られているのです。

私達の身体には男性ホルモント女性ホルモン双方が存在しており、最適なバランス比率は当然男性と女性で異なっています。
プエラリアミリフィカは不足分の女性ホルモンの「代役を担う適量」を摂取する事でこそ、ベストな効能を体内で発揮してくれる成分なのです。
これが体内で過剰な働きを見せてしまうと、結果女性ホルモン過多状態を招いてしまい、それが色々なトラブルへと繋がってしまうのです。

ちなみに代表的なトラブルの症例を挙げると、大人ニキビの発症事例が数多く報告されています。
原因は既にお察しの通り、体内のホルモンバランスが一気に崩れてしまったが為、皮脂の分泌がメチャクチャになってしまう、いわば「お肌の自爆状態」に他なりません。
女性の中には生理の周期にリンクしてニキビが発症しやすい時期を持つ方も少なくありません。
体内の女性ホルモンの急激な増減が、結果「肌のトラブル」として現れる事は珍しくないのです。

この事からも確認出来る通り、過剰摂取が生理不順に繋がるリスクも小さくありません。
身体元来のホルモンバランスを外部からの摂取で崩す訳ですから、自然な身体の変化の周期に影響を及ぼして当然です。
生理不順から更に心身のさまざまな不具合を併発してしまっては、本来の目的の美容効果どころではありません。

プエラリアミリフィカ摂取に際しては、製品に明記されている正しい使用方法を厳守し、断じて効果を焦って乃過剰摂取に走ってはなりません。
むしろ身体を少しずつ慣らす意味でも、記載されている上限より少ない分量の摂取からスタートする方が安全であり、振り返った時により健康的に期待した効能を実感出来るのです。