プエラリアを使いこなそう!

プエラリアミリフィカを服用する際の注意点

プエラリアミリフィカは私達人体内出女性ホルモンと同一の働きをみせる成分であり、摂取する事で体内の男女ホルモンバランスを変化させる効果をもたらす存在です。
外部から体内に採り入れる成分が体調自体を変化させる訳ですから、服用に際して注意すべきポイントも少なくなりません。

まずは摂取のタイミング上の注意点として「空腹時の服用でより吸収率を高める効果が狙える」事を挙げておきます。
プエラリアミリフィカを含むサプリメントは医薬品では無く、医師の処方を必要としない健康食品です。
「食事」と捉えるのであれば、空腹時の摂取の方がより効率良くなるのは、人体の消化器官のシステムからしても自然な事です。
薬品ではありませんので1日24時間の内の摂取時間の指定は特にありません。
各自のライフスタイルに準じ、無理無く継続摂取出来るサイクルを確立しましょう。

また私達の身体は日中の方が体温も高く、血液の流れも活発ですので、朝寝起き直後や就寝直前の静かに過ごしている時間帯の摂取よりも、より大きな吸収率が期待されます。
例えば昼食前や夕食前など、身体が活発に動いていて空腹感を感じるタイミングでの摂取を習慣化されてはいかがでしょうか?

対して摂取を控えるべきタイミングとして、生理期間中を挙げておきます。
生理中は普段と比較しても体調の変化が敏感かつ大きな時期である上、生理で体外に血が流れ出してしまう事で体内の栄養分が不足する人も少なくありません。
体調が不安定な時期にプエラリアミリフィカを摂取する事で、更に体調をイレギュラーな状態と化してしまった場合、更に諸々の体調不良を併発し兼ねません。
具体的には血行不良、頭痛、生理痛など身体に余計なダメージを負う事例が確認されています。

継続使用する事で効能をより実感出来るのがプエラリアミリフィカですが、生理期間中は服用を控える事をお薦めしておきます。
その他使用に際し、何らかの違和感を覚えた場合なども、速やかに使用を一旦中止して体調の改善を最優先としてください。

何より使用に際しては、定められた摂取量の上限を厳守するのも鉄則です。
より多く摂取したからと言って、それだけ大きな効能が得られる事は無く、むしろ過剰摂取が体内のホルモンバランスを大きく崩してしまっては悪影響しか得られません。
最初から適量上限一杯一杯を摂取するのではなく、控え目な分量の継続摂取で身体を慣らして行く過程を踏む事も重要です。