プエラリアを使いこなそう!

プエラリアミリフィカとアレルギーの危険性

プエラリアミリフィカ成分を含有するサプリメントなどの各製品には、各々アレルギー関係の注意書きが明記されています。
天然の植物成分であるプエラリアミリフィカは一般的には副作用などのリスクが低いとされていますが、アレルギー反応を起こしてしまう体質の人にとってはハイリスクな成分に違いありません。

まだ不特定多数の人達には必ずしも認知度が高いとは言えない「プエラリアミリフィカ」ですが、皆さんは正確にこれが何なのかご存知でしょうか?
これはミャンマー地方が原産地の自然生育する植物であり、根の部分に草木性エストロゲンという女性らしい身体のフォルムを作り美肌効果が見られる成分が含まれているのです。
つまり「根=芋」の部分にその成分が含まれており、芋類に対するアレルギー体質の方がこの成分を摂取すると、アレルギー反応を生じさせてしまう可能性が懸念されるのです。
例えば山芋を食して身体に痒みを覚えた経験をお持ちであれば、この成分の摂取は要注意だと自己判断せねばなりません。

また体内で女性ホルモンと同じ働きを見せる「イソフラボン」が多分に含まれており、世の中にはイソフラボンに対するアレルギーを有する方が潜在的に少なくありません。
具体的なアレルギー症状としては、下痢、腹痛、発疹などが見られ、こうした体質の方は摂取してはなりません。

アレルギー反応は1つだけの要因で発症するとは限らず、複雑な因果関係が絡み合って結果生じるケースが数え切れません。
ここで挙げた「芋アレルギー」「イソフラボンアレルギー」以外にも、他のアレルギーが間接的に影響して結果体調を崩してしまうリスクが数々潜んでいるのです。
一例として「ハウスダストアレルギー」を有する人はプエラリアミリフィカの摂取に際しては注意が必要で、ハウスダストアレルギーが何のアレルギーが原因なのかを事前確認せねばなりません。

更に多くのプエラリアミリフィカ成分を含む製品には、他にも数々の成分が混合されているケースが大半です。
非常に面倒臭い作業に感じられるかと思いますが、購入使用前には含有されている全成分をチェックの上、自らの体質と不合致の物質が確認出来れば回避が鉄則です。
本来もたらされるべき優れた数々の効能を実感する前に、酷いアレルギー反応に苦しんでしまっては本末転倒です。
摂取可能か否かの自己判断に悩んでしまった場合は、かかりつけの主治医など専門家に相談の上、判断を仰ぐ事も大切です。