プエラリアを使いこなそう!

プエラリアがホルモン周期に与える影響

プエラリアは、バストアップに効果があるとして一気に人気が出た栄養補助食品です。

植物由来の天然食品なので、飲む人を選ばす基本的には安心して服用することができるのですが、飲むエストロゲンと言われるほど女性ホルモンに近い成分を含有しているので、その効果が期待していたことと逆に作用してしまうこともあります。

プエラリアを飲むとバストアップできるという通り、女性ホルモンが多くなります。
では単純に、女性ホルモンの力が強くなるとどうなるのでしょうか?
女性ホルモンは、だいたい4週間を目安に増減を繰り返しています。
つまり生理周期ということです。
女性ホルモンは生理の前に一番多くなります。

女性ホルモンが増えると最初に言ったバストアップや、肌につやが出たりする美容効果があるのですが、生理前症候群が強い人がプエラリアをその時期に飲むと、女性ホルモンの効果が強く出すぎて胸の張り、吹き出物などが強くなってしまうこともあります。

プエラリアに含まれているコラーゲンの働きで肌の調子が良くなったり、髪のパさつきがおさまったりとバストアップのほかにも良い効果はたくさんあるので、生理の周期や基礎体温などで自分が持っているホルモンバランスの増減をある程度を知ってから飲み始めると、とても頼りになる食品になります。

ホルモン量が不足していて生理周期がバラバラだというような人には、ホルモン量を安定させる働きがあるので有効です。